スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国立市少年少女フットサル大会 

3月10日 国立市少年少女フットサル大会 於 国立総合体育館

第1試合(8分) チェリーズ 0:0 2小SCママ
 開始そうそうからチェリーズペース。松崎がミドル・ボレーと立て続けにゴールを狙うが惜しくも外れる。相手のカウンターもGK仁科の素早い飛び出しでクリアー。終了間際キックインのボールが相手に渡りシュートを決められた、と思いきやキックインがファウルの判定。ゴールは認められず。危ない×2。

第2試合(8分) チェリーズ 0:1 JFCママ 
 ここが勝負、とばかり張り切ってスタートするも相手の動きが早い。ボール出しも空いたスペースを突いてくる。3分、左サイドを抜け出され折り返しを綺麗に決められた。尾崎・和田・松崎の攻撃も今一歩のところで止められた。

第3試合(8分) チェリーズ 1:0 2小SCママ
 スタートは互角の展開。最初のチャンスはチェリーズ。ゴール前の平尾にボールが渡りシュート。僅かに左にそれる。相手の攻撃もGK増谷・DF内堀・田中・和田でブロック。このまま引き分けか、と思われた終了間際、田中から絶妙のスルーパスが最前線の仁科へ。これを落ち着いて右隅に決めた。

第4試合(8分) チェリーズ 0:1 JFCママ
 この試合に2点差以上で勝利しないと優勝は無い。チームで確認し試合に入る。しかし相手の動きがいい。危ないシュートはGK増谷がナイスセーブ。しかし5分左からの強烈なミドルを決められた。その後はDF陣も攻撃参加。内堀・尾崎・和田もゴール前まで殺到するがDFに拒まれた。結局JFCに2連敗で準優勝。

〈総評〉
JFCさんはボール回しが一枚上だった。わがチームもスペースへの飛び出し+パス出し→シュートのパターンを武器にしたいと思う。来年は優勝を目指そう!


参加者 内堀 仁科 尾崎 和田 松崎 平尾 田中 増谷
スポンサーサイト
[ 2013/03/10 00:00 ] 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。